vol.26 2019/6/1
親孝行旅行にもオススメな国トルコ

二人共ずっと来たかったトルコ。
飛行機では何度も通り過ぎていたけれど、
日本に帰ったり、スケジュールが合わなかったり中々チャンスがなかった。
今まで旅した国とまた違った色を持ち、想像以上に深く、魅力的な所でした。

イスタンブールの空港

まず私たちはイスタンブールの空港に到着し、大きさと綺麗さに驚いた。
  空港はその国を表す一つの目安になるので、これは旅が楽しくなるかもと二人でワクワクしだす。
  トルコはヨーロッパとアジアを結ぶ中心地として昔から栄えてきたところ。
  その面影が残っているようでとにかくどこいっても活気がある!
  街に行くと世界中の観光客で大賑わい。ワイワイガヤガヤ。
  英語、スペイン語、ロシア語、中国語。。
世界中の言語が町中飛び交っている。

旧市街のブルーモスクや宮殿、博物館、地下宮殿など

紀元前からの歴史がつづいているので歴史ものの見所が多い。
  旧市街のブルーモスク。宮殿があり、博物館があり、地下宮殿などなど。
  お勧めは地下宮殿。東ローマ時代の大貯水槽が幻想てきすぎて
遺跡好きの私は大興奮。

新しいガラス張りのホテルやカフェ

新しいガラス張りの綺麗なホテルやカフェがある。
  その一方、昔ながらの露天や馬車なども存在し、街はゴミもほとんど落ちてない綺麗な道路。
  店も建物も丁寧に作られている。
  先進国に似た綺麗さを兼ね備えながら、後進国のごちゃごちゃしたものの雰囲気も兼ね備えている。
  ヨーロッパとアジアのいいとこ取りをした感じの町並みです。

市街をブラブラと歩くと、交流が自然に発生するフレンドリーな町の人達

人も噂通りフレンドリーで優しい。
  例えばバスターミナルで撮影してると
「俺も撮ってくれよ」「あ、僕も僕も!」
  と画面の中に入ってきてワイワイ撮影会になっている。
  例えばカフェでお茶してると店員さんが「君たちどこから来たの?」と言われ「日本」と答えると
  「日本人、大好きさ。日本人とトルコ人はとてもにてるんだよ。きてくれてありがとう」とにっこり微笑む。
  なんだかとっても人との繋がりが暖かい。
  かといって、そこからしつこい物売りになるわけでもない。
  長く旅をしてきたけど、これだけ整然と混沌とをうまくミックスして
調和がとれていて心地いい国は初めてです。

屋上からの素敵な眺め

海辺の街なので、常に風が吹いていて心地いい。
「キレイ・安全・異国情緒ある」の三拍子。
旅というより旅行をするのに向いている国だと思う。
これなら自分の親を連れてきてもきっと喜んでもらえるねと
二人して話し合う。

雄大な自然のまえで二人の手にはオーロラグランのリングが

とにかく見所が沢山。次回は町歩きをご紹介しますのでお楽しみに。

 


旅する鈴木

 vol.25へ

back number 

vol.26へ 

AURORA GRAN BRIDAL

online shopへ

ページTOPへ

online shopへ

ページTOPへ