vol.5 2015/7/16
エチオピア大好き! その3

そして最終日。さらに砂漠を進んでいくとツアーのメインになる活火山エルタ・アレの麓に到着です。
迫力の溶岩湖を眼下に見ることができる活火山エルタ・アレ。日中は暑いので、夕方から出発です。
基本徒歩で、オプションでラクダに乗っていくこともできます。

麓から火山まで4時間弱。ついに漆黒の闇に包まれた真っ赤な溶岩湖が見えてきました。

低い地響きの音とともにドドドドと爆発があちこちで起こっている。
見た瞬間誰もが感嘆の声が止まらない。我先へと近づいていきます。

火口に到着すると、常に黒い煙がもくもく。柵も何もないのでどこまでも近づける。
穴から2メートルほどは焼けるような熱があり、更に地面を触るとじんわり暖かい。
ダンナのカメラ用三脚置いたところはかなり熱かったらしく、
30分ほど立てていたら地面についてる部分がどろりと溶けていて、まさかまさかのびっくりです!
長く旅して、これだけ自然の大迫力とエネルギーを感じたのは初めてで、
これが地面の下にずっと流れているのかと思うと
改めて地球って生きてるんだ。なんて思わずにはいられませんでした。

1時間ほど堪能してから、10分ほど離れた場所でツアー客皆で青空雑魚寝。早朝もう一度見に行きます。

麓に戻ればジープがお出迎えしてくれ、ぐっすり寝ている間に元のメケレの町に到着です。
悪路が続いたり、暑かったりとかなり過酷な旅にはなりますが、ツアー内容はしっかりしているし、
ここでしか味わえない貴重な体験することができて、本当に行く価値のあるところでした。

そして、自然に大満足した二人ですが、エチオピアはオリジナルの文化も大充実しています。
エチオピア正教はとくに独特で、ゴンダールの町にある教会に行ったのですが、
木製の建物の内側の壁や天井にびっしり絵が描かれていて不思議な空間。

壁にはライオンが描かれていてアフリカっぽく、天使の顔は色黒のアフロヘアだったり。
常にオリジナルが入っているので、見るもの全てがおもしろい。
ゲームに出てきそうなお城があったり、コーヒー発祥の地と呼ばれていたり、猿人の骨が見つかったり。

まだまだ見たい行きたいところが沢山あります。
南部に住む少数民族達に会えていないし、エチオピア正教の場所も、ラスタファリズムにも行ってみたい。
1ヶ月ビザだったので時間がなく泣く泣く出国するのですが、また戻って来たくなる国。それがエチオピア。
あぁ、もう、エチオピア大好きです。

次はどこの国を旅するのかお楽しみに。

旅する鈴木

 vol.5-2へ

back number 

vol.6-1へ 

AURORA GRAN BRIDAL

ページTOPへ